銀行預金口座を持っていなくても借りられるカードローン

MENU

銀行預金口座を持っていなくても借りられるカードローン

カードローンを利用するには、従来ならば来店をしたり郵送で申し込む事が主流でしたが、今ではインターネット申込みが主流となっています。そして借入れ方法を振込みにした場合はネットキャッシングという事になり、一度も店舗に行く事も無く、更には始終自宅にいてもお金を借りる事ができるのです。ネットキャッシングで借りたお金は、ATMで出金をしたり口座振替の代金に利用する事もできます。

 

 

【消費者金融でカードローンを利用する】

 

カードローンは銀行だけではなく、消費者金融にもキャッシングと言われる商品があります。銀行と違う点は金利だけでなく借入れの際に銀行口座を必要としない事です。借入れ申込みの方法は実際に店舗の窓口に行って手続きをしたり、自動契約機を利用する方法があります。更に自宅に居ても申込みができる方法としてインターネットや電話という方法がありますが、今はインターネット申込みと自動契約機を利用して即日カードを発行するというパターンが多くなっています。一旦カードが発行されてしまえば、24時間いつでもコンビニのATM等を利用してキャッシングする事ができます。
ローンカードを自動契約機で発行しない場合は、後日自宅に契約書と一緒にカードが郵送されて来ます。

 

インターネット申込みは24時間可能になっていますが、審査結果の回答が可能となる時間は午後9時となっている消費者金融は多く、その時間を過ぎても回答が無い場合は翌日になります。自動契約機の営業時間も午後の9時となっている所が多いので、その前に審査結果を知る事ができれば、当日のカード発行が可能になります。

 

また自動契約機のある店舗にも行かずにキャッシングをしたい時には、インターネット申込みをして審査に通過すると振込みによるキャッシングを利用する事ができます。当日のキャッシングを希望する時には、銀行が振込みの受け付けを締める午後2時位までの時間に間に合うように申込み手続きを完了させる必要があります。もし振込受付時間を過ぎてしまった場合には、自動契約機を利用する事で当日のカード発行が可能になります。

 

 

【銀行でカードローンを利用する】

 

銀行カードローンを利用する為には、その銀行の預金口座を持っている事が基本となっています。もし口座を持っていない銀行でカードローン申込みをするならば、申込みの際に口座開設も行う必要があります。

 

また予め預金口座を持っている銀行でカードローンの申込みをする場合には、ダイレクトバンキングでの申込みができるので審査も早く済み、申込み手続きはどんどんと進んで行きます。

 

このように預金口座を必要とする銀行カードローンですが、その中にあって預金口座を必要としない銀行が三菱東京UFJ銀行です。

 

 

〈三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用する〉

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン商品の「バンクイック」は、前述の通りに口座を持っていなくても利用できます。勿論銀行に行かなくてもインターネット申込みをする事によって手続きも完結します。申込みが済んで審査に通ると後日カードが郵送されますが、即日融資を希望する場合には、ネットでの申込みが終わった後に銀行のATMコーナーに設置されているテレビ窓口を利用する事で即日のカード発行が可能になります。その際には本人確認書類が必要になるので注意をしましょう。テレビ窓口を利用するとATMのように画面に従って操作をする簡単な手続きが進んで行きます。その間は約10分という事です。テレビ窓口を利用する事で午後3時を回ってしまった場合や、土日や祝日もカードローンを利用する事ができます。

 

おすすめサイト

お金借りたい | 今すぐお金を借りる安心ナビ

住宅金融支援機構のフラット35って何?

みなさん、フラット35って知っていますか?
耳にしたことのある人も結構いるかと思います。

 

フラット35というのは、

 

最長35年間の長期間固定金利で利用できる住宅ローンです。

 

住宅金融支援機構(以前の住宅金融公庫)の住宅ローンとして有名ですが、じゃあどこに行って申し込むのかというと、申し込み窓口は、銀行や保険会社などの金融機関から申し込めます。

 

たとえば、りそな銀行の住宅ローン「フラット35」(機構買取型)タイプAの金利は、
2014年9月の時点で、年1.38〜1.88%になっています。
通常の固定金利で比べると、かなり金利が低いと言えます。

 

使い道には制限があり、新築住宅の購入・建設資金や中古住宅の購入には利用できますが、
リフォームや不動産投資用物件には利用できません。

 

【フラット35の大きな特徴は長期間固定金利】

 

ローンには固定金利と変動金利があります。
金利は市場金利に影響を受け、変動金利の場合、契約した後でも、景気が良くなれば市場金利が上がり、ローン金利も上がっていきます。

 

住宅ローンは借入期間が長いため、その間の金利を予想することは難しいです。そのため、固定金利の場合、どうしても金利が高く設定されているのですが、フラット35では低い金利が設定されているのです。

 

家を購入する際に、長期間の住宅ローンを組みやすくするために、フラット35が登場しました。

 

【なぜフラット35は金利が低い?】

 

フラット35は、住宅金融支援機構がお金を貸すわけではありません。
銀行など民間金融機関が提携しています。

 

主に短期の資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、長期固定金利の住宅ローンはリスクが高く、扱うのは難しいとされています。
そこで、住宅金融支援機構は、フラット35を取り扱っている数多くの民間金融機関から住宅ローン債権を買い取り、それを担保とするMBS(不動産担保証券)を発行して投資家に売ることで、長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利の住宅ローンを提供するしくみを支えています。
参考→グレーゾーン金利とはどんな金利?

 

【フラット35の利用条件を教えて!】

 

まずは申込時に満70歳未満であることです。(親子リレー返済を利用すれば満70歳以上でも可能です)。

 

日本国籍であるまたは、永住許可を受けているか特別永住者であることです。

 

また、住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、カードローンやキャッシングなど、全ての返済額とフラット35の返済額を足した額が年収の35%以下(年収400万円以下の場合は30%以下)であることです。

 

多く人が基準をクリアできる条件だと思うのですが、他で借入の多い人は借りられません。

 

また、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅の購入には、フラット35Sというのもあります。

 

*概要

フラット35とは、住宅金融支援機構の住宅ローンで、最長35年間の長期間固定金利でしかも金利の低いのが特徴のローンです。民間金融機関が提携し、銀行ではリスクの高い長期固定金利ローンを提供するために誕生しました。70歳未満で日本国籍なら借りられ、他での借入が多いと借りられません。